スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最強の投資家の損切りについての考え方

「穴にはまっていると気づいたとき、いちばん大切なのは、掘るのをやめることだ」


~ 最低最悪の対処方法は、追加投資を続けることである。撤退には痛みが伴うが、資金が0円に

なる前に損切りすれば、トータルの被害額は抑えられる ~

by ウォーレン・バフェット


正に、損切りの大切さを言っているのだと思います。

損切りについてのFX Victoyrの考え方は


こちらへどうぞ



ここ最近、トレードの時間がとれないですが・・・。

お陰様で、多くの皆様より本手法をご指示、ご購入頂いております。
また、あわせて購入者様の成功談も頂戴しておりますので、随時、本ブログで掲載していきます。

スポンサーサイト

テーマ : 【成功するためのFX日記】
ジャンル : 株式・投資・マネー

損切りは、ネガティブな行為ではなくポジティブな行為!!

【結論】
・利益に相当するポジティブな行為。
・本当にFXで勝ちたいのなら、絶対に必要な行為。
・ためらってはダメ、とにかく理屈抜きで、相場で勝つには必要な行為。

  

損切りというから、なんだかネガティブなイメージが強いですが、ある意味「損切り」は利益にも相当するものだと、ポジティブに考えるほうが良いと思います。


例えば、こういうケース

Aさん:ある日 1日3回トレードして 2勝1敗
(通常のルール通りのストップロスの設定は、マイナス10pips)
2勝で獲得 プラス 15pips
1敗で損失 マイナス20pips  ※通常はマイナス10pips なのに、損切りを躊躇してしまった。

結果 マイナス5pips となる。


Bさん:ある日 1日3回トレードして 2勝1敗
(通常のルール通りのストップロスの設定は、マイナス10pips)
2勝で獲得 プラス 15pips
1敗で損失 マイナス10pips  ※通常のストップロスの数値通り損切り実行。

結果 プラス5pips となる。


という具合で、AさんとBさんの差は、10pips。


同じペースでいくと、30回の場合は100pipsの差、300回の場合は1,000pipsの差と大きくなるわけです。


これが、いわゆるFXにおいての”勝ち組”と”負け組み”をより鮮明にしていく理由の1つだと思います。

勇気を持って、損切り、いや”ポジティブな決済”をしましょう!!


プロフィール

fxvictory

Author:fxvictory
【勝ち組への扉を開く投資手法】
成功するトレーダーは、自分の性格に合った方法を必ず見つける

【トレード成績】
NY 時間の2時間程度での成績

2009年09月: +770,000円(+94pips)
※9月24日~の成績(7日間)
2009年10月:+1,213,063円(+136pips)
2009年11月:+1,094,540円(+184pips)
2009年12月: +948,648円(+159pips)
2010年1月:+1,149,046円
(+180pips)
2010年2月:+1,450,029円
(+220pips)
2010年3月:+1,570,457円
(+220pips)
2010年4月:+682,150円
(+92pips)※4~5週目ノートレード
2010年5月:+3,992,464円
(+559pips)
2010年6月:+288,768円
(+40pips)※3日間だけ
2010年7月:0円 ※ノートレード
2010年8月:+208,966円
(+30pips)※3日間だけ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。